銀座にはなぜ超高層ビルがないのか : まちがつくった地域のルール

竹沢えり子 著

二〇〇三年夏、松坂屋と森ビルによって、二百メートル近い高さの超高層ビル計画が銀座に提案された。しかし、本当に超高層ビルは必要なのか?小ぶりだが一流専門店が揃った街並み、回遊性の高い区割りなど、「銀座らしい」まちのにぎわいを守るため、商店街が結束し、地域のルールを考えはじめた。地域のまちづくりは地域で考える-未来の銀座のあり方を模索した十数年の活動を追う!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 銀座に超高層ビルが計画された
  • 第1章 銀座とはどんな街か
  • 第2章 大規模開発前夜、九〇年代の銀座-第一次地区計画「銀座ルール」の策定
  • 第3章 二百メートルの超高層ビルが銀座に?-「銀座街づくり会議」をつくろう
  • 第4章 銀座の声を行政へ!
  • 第5章 新建築は銀座との事前協議が必要に-銀座デザイン協議会の船出
  • エピローグ ふたたび松坂屋の再開発について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 銀座にはなぜ超高層ビルがないのか : まちがつくった地域のルール
著作者等 竹沢 えり子
書名ヨミ ギンザ ニワ ナゼ チョウコウソウ ビル ガ ナイ ノカ : マチ ガ ツクッタ チイキ ノ ルール
書名別名 Ginza niwa naze chokoso biru ga nai noka
シリーズ名 平凡社新書 706
出版元 平凡社
刊行年月 2013.11
ページ数 239p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85706-1
NCID BB14052488
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22340310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想