声に出してよむ漢詩の名作50 : 中国語と日本語で愉しむ

荘魯迅 著

李白や杜甫、陶淵明や白居易など日本人に親しまれてきた漢詩の名作50首に、読み下し・口語訳・独自の解釈、さらに中国語のピンインとカタカナの振り仮名を併記。平凡社ホームページから音声ダウンロードをすれば著者による中国語・日本語の朗読を聴き、唱和ができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 天地の悠々たるを念う-初唐・盛唐十一首(高台で独り思う家国千年のこと-幽州台に登る歌(陳子昂)古風
  • 酔った後は解き放たれて楽しいよ-酔中の作(張説)五言絶句 ほか)
  • 第2章 太陽と月が出会った-唐詩の最高峰李白と杜甫十四首(もう一度、君に逢いたい-峨眉山月の歌(李白)七言絶句
  • 友の姿は長江と天のあわいに-黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る(李白)七言絶句 ほか)
  • 第3章 天眼で世の変幻無常を視よ-中唐九首(幾星霜ぞ、寒山寺の鐘声-楓橋夜泊(張継)七言絶句
  • 我もまた天地万物の中に在り-漁歌子(張志和)詩 ほか)
  • 第4章 花発けば風雨多し-晩唐八首(夜の雨、愁思の絶-夜雨北に寄す(李商隠)七言絶句
  • 万感の思いが夕暮れに融けゆく-楽遊原(李商隠)五言絶句 ほか)
  • 第5章 千里嬋娟を共にせん-唐詩以外の傑作八首(孤立無援でも信念を貫く-風蕭々(荊軻)楚風古歌
  • 愛馬よ、虞よ、天命は尽きた-垓下の歌(項羽)楚風古歌 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 声に出してよむ漢詩の名作50 : 中国語と日本語で愉しむ
著作者等 荘 魯迅
書名ヨミ コエ ニ ダシテ ヨム カンシ ノ メイサク ゴジュウ : チュウゴクゴ ト ニホンゴ デ タノシム
書名別名 Koe ni dashite yomu kanshi no meisaku goju
シリーズ名 平凡社新書 705
出版元 平凡社
刊行年月 2013.11
ページ数 239p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85705-4
NCID BB14053061
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22340326
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想