史論の復権 : 與那覇潤対論集

與那覇潤 述

学問的な歴史研究の成果を踏まえつつ、現在の位置を捉えなおす-。そんな「史論」の試みを復権させるべく、「中国化」というオリジナルな概念で日本史を捉えなおした気鋭の若手研究者が、七人の異分野の知に挑む。日本企業の生き残り戦略から橋下徹大阪市長のパフォーマンス、小津映画や大河ドラマの描く日本像まで、歴史の知見を借りれば、旧知の事実がまったく違った意味を帯びていく。知的刺激に満ちた論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本に「維新」は必要なのか-政治学との対話(中野剛志)
  • 第2章 企業が受け継ぐ「江戸時代」の遺産-経済学との対話(中谷巌)
  • 第3章 ソ連化した団地とアメリカ化する郊外-戦後史との対話(原武史)
  • 第4章 中国化する日本/近代化できない日本-民俗学との対話(大塚英志)
  • 第5章 小津安二郎が「作為」した日本-昭和史との対話(片山杜秀)
  • 第6章 国民の「時代劇」はよみがえるか-映画史との対話(春日太一)
  • 第7章 「太閤記」の夢よ、いまいずこに-大河ドラマとの対話(屋敷陽太郎)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 史論の復権 : 與那覇潤対論集
著作者等 與那覇 潤
書名ヨミ シロン ノ フッケン : ヨナハ ジュン タイロンシュウ
シリーズ名 新潮新書 546
出版元 新潮社
刊行年月 2013.11
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610546-3
NCID BB1407048X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22334517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想