ミシェル・セール : 普遍学からアクター・ネットワークまで

清水高志 著

ライプニッツの方法論をはじめ、レヴィの情報論、ラトゥールやハーマンら「ポスト・ポスト構造主義」の新知性も胎動する、ミシェル・セールのネットワーク哲学。あるがままの自然を"百科学"として織りなす、しなやかな思惟に迫る!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 略伝と展望
  • 第1部 人文学・美学(『生成』
  • 『自然契約』)
  • 第2部 エピステモロジー(『ライプニッツのシステム』
  • 『干渉』)
  • 第3部 人類学(『パラジット』
  • 『作家、学者、そして哲学者は世界を一周する』)
  • 補論 『結合法論』におけるライプニッツ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミシェル・セール : 普遍学からアクター・ネットワークまで
著作者等 清水 高志
中村 健太郎
書名ヨミ ミシェル セール : フヘンガク カラ アクター ネットワーク マデ
出版元 白水社
刊行年月 2013.11
ページ数 296,6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08335-2
NCID BB14063010
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22335435
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想