武蔵の古代史 : 国造・郡司と渡来人・祭祀と宗教

森田悌 著

邪馬台国の時代から平将門の乱に至る歴史を、武蔵を中心に描いた初の古代通史誕生!埼玉出身の古代史研究の第一人者が、歴史ファンに送る誰にでもわかりやすい古代史。辛亥銘鉄剣と埼玉古墳群、武蔵国造家の展開と消長、丈部氏と氷川神社、律令制下の郡家と東山道武蔵支路、蝦夷戦争と〓(しゅう)馬の党などを通してダイナミックに描く。また、玉と埴輪による古墳祭祀、神社と官社制度、寺院と道忠教団などを照射し、古代武蔵の文化を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 大和朝廷と武蔵国造(日本史の黎明と武蔵国造
  • 国造笠原直家の内紛
  • 武蔵国造家物部直の消長
  • 武蔵宿禰の国造就任)
  • 2 武蔵国の成立と展開(律令制と武蔵国
  • 渡来人の入部
  • 武蔵国の産業
  • 武蔵国の変貌)
  • 3 祭祀と宗教(古墳の副葬品と埴輪
  • 神祇と信仰
  • 寺院と仏教信仰)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武蔵の古代史 : 国造・郡司と渡来人・祭祀と宗教
著作者等 森田 悌
書名ヨミ ムサシ ノ コダイシ : クニノミヤツコ グンジ ト トライジン サイシ ト シュウキョウ
書名別名 Musashi no kodaishi
出版元 さきたま出版会
刊行年月 2013.11
ページ数 304,10p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87891-402-7
NCID BB14374484
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22335242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想