本質的なもの = fundamentals : 時代を超越したタイポグラフィの巨匠による1950年代の4講演

エミール・ルーダー 著

本書はルーダーが1957年から59年にかけてタイポグラフィ専門誌「TM」上に発表した連載「本質的なもの」全4回を翻訳して一冊にまとめたものだ。ルーダーは狭い専門領域にとらわれることなく、古今東西の文化、自然科学、政治社会との関連において、タイポグラフィの形成原理を自在に論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 平面
  • 言葉
  • リズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 本質的なもの = fundamentals : 時代を超越したタイポグラフィの巨匠による1950年代の4講演
著作者等 Ruder, Emil
Cole Roy
室賀 清徳
雨宮 郁江
ルーダー エミール
書名ヨミ ホンシツテキ ナ モノ : ジダイ オ チョウエツ シタ タイポグラフィ ノ キョショウ ニ ヨル センキュウヒャクゴジュウネンダイ ノ ヨンコウエン
書名別名 fundamentals

Honshitsuteki na mono
出版元 誠文堂新光社
刊行年月 2013.11
ページ数 79p
大きさ 30cm
ISBN 978-4-416-11356-1
NCID BB14298728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22333400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想