紅白歌合戦と日本人

太田省一 著

今なお、四〇パーセント台の視聴率を誇る、紅白歌合戦。「紅白」の歩みは、私たち日本人の歩みでもあった。美空ひばり、坂本九、山口百恵、都はるみ、SMAP、美輪明宏…。大晦日の夜、時代を彩る歌手が一堂に会し、その年のヒット曲を、懐かしの歌を、心に残る名曲を歌い上げる。時代とともにそのあり方を変えながら、国民的テレビ番組であり続ける「紅白」に、私たち日本人は何を求めてきたのか。今日に至るまでの「紅白」の歴史をたどり直し、日本人の心の軌跡を描き出す渾身作!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 私たちはなぜ、「紅白」を見続けるのか
  • 第1章 復興のなかの「紅白歌合戦」(敗戦ショックと「紅白」の誕生
  • 歌う女たち-占領期の歌謡曲
  • 都会のムードと望郷の思い-高度経済成長期の歌謡曲
  • 「紅白」が「国民的番組」となるとき
  • マイホームと故郷のあいだで-永六輔の登場
  • 一九六三年「紅白」の高揚-テレビが作り出す"日本")
  • 第2章 豊かさのなかの「紅白歌合戦」(勝利するテレビと美空ひばりの"落選"
  • 新しい音楽と"脱‐安住の地"-フォーク、ロック、ニューミュージックの台頭
  • 歌謡曲のニューウエーブ-「一億総中流」時代の心象風景
  • 「紅白」というホームドラマ
  • 「熱愛」と「引退」-ワイドショー化する「紅白」
  • 転換期の「紅白」-『熱き心に』と歌謡曲の衰退)
  • 第3章 喪失と再生-八〇年代後半‐二〇〇〇年代の「紅白」(「紅白」生中継が映す"日本"-長渕剛、中島みゆき、そして戦後史
  • 「ホームレス」であるということ-Jポップと分散化するコミュニティ
  • "安住の地"の未来形-アニソンと初音ミク
  • 童謡が「紅白」トリとなるとき
  • 遊び場となった「紅白」-パロディと乱入ゲーム
  • アイドルという希望-キャラクターの時代とSMAP)
  • 終章 3・11以後の「紅白歌合戦」-新たな"安住の地"へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紅白歌合戦と日本人
著作者等 太田 省一
書名ヨミ コウハク ウタガッセン ト ニホンジン
書名別名 Kohaku utagassen to nihonjin
シリーズ名 筑摩選書 0078
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.11
ページ数 350p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-01586-0
NCID BB14018672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22354367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想