企業結合会計の考え方・つかみ方 : そうだったのか!

新日本有限責任監査法人 編

"企業結合会計基準"や"事業分離等会計基準"は、M&Aや企業組織の再編成を行う際には必須の会計基準です。本書では、最初に「企業結合」とは「取得」のことであると宣言し、類似取引との位置関係をはっきりさせました。また、企業結合等に関する会計処理の考え方を、企業における商品売買や投資活動と同一の視点で整理しました。非支配株主持分や取得関連費用の取扱いなど平成25年改正基準をフォローした最新版!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 企業結合会計の入口
  • 第2章 基本的な考え方と会計処理
  • 第3章 「取得」と「逆取得」、共同支配企業の形成
  • 第4章 共通支配下の取引(非支配株主なし)
  • 第5章 非支配株主との取引
  • 第6章 分離元企業等の会計処理
  • 第7章 目的別の組織再編
  • 第8章 さまざまな組織再編と法律
  • 第9章 組織再編と税務
  • 第10章 その他あれこれ(理論編)
  • 第11章 残る課題、IFRS

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業結合会計の考え方・つかみ方 : そうだったのか!
著作者等 新日本有限責任監査法人
書名ヨミ キギョウ ケツゴウ カイケイ ノ カンガエカタ ツカミカタ : ソウダッタ ノカ
書名別名 Kigyo ketsugo kaikei no kangaekata tsukamikata
出版元 中央経済社
刊行年月 2013.11
版表示 第2版.
ページ数 196p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-502-48740-8
NCID BB14430869
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22329064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想