明治医事往来

立川昭二 著

平均寿命三十年の時代、電灯がつき、陸蒸気が走り、煉瓦の家が立ち並ぶ繁栄の裏には汚濁、貧困、頽廃があった。栄養立国・衛生立国をめざす一方で、「女工哀史」の少女を蝕んだ結核や、娼婦を死に走らせた梅毒検査。そして、夏目漱石、岩倉具視、樋口一葉らを襲った病魔の数々-。死と病いを身近に抱えながら生きた有名無名の人々を綴る、明治への鎮魂曲。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人生三十
  • 体格検査
  • 栄養立国
  • 頭痛・肩こり
  • 健康読本
  • ある殉難碑
  • コレラ一揆
  • 疫病非情
  • 鼠塚
  • 医師繁昌記〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治医事往来
著作者等 立川 昭二
書名ヨミ メイジ イジ オウライ
書名別名 Meiji iji orai
シリーズ名 講談社学術文庫 2205
出版元 講談社
刊行年月 2013.11
ページ数 445p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292205-0
NCID BB13995759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22332195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想