書くべきネタが思いつく看護医療系小論文頻出テーマ15

箕曲在弘 著

看護医療系小論文で出まくるテーマの要点が、ビジュアル図解によってひと目でわかる!"あと一歩答案"と"合格レベル答案"を添削しながら比較してくれる!看護医療系受験生がいだく素朴な疑問に答えながらテーマをていねいに説明してくれる!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 医療の現場における倫理(インフォームド・コンセント-医師の説明にたいして、患者が同意したうえで治療する
  • 終末期医療-人の最期のあり方に再考を迫る
  • 医療過誤-医療過誤をどのように防ぐべきか
  • 安楽死-死を願う人々に寄り添って考える)
  • 第2章 先端医療がかかえる問題(脳死臓器移植-臓器移植が投げかける死の定義のあいまいさという問題
  • 再生医療-再生医療が切り開く可能性と問題
  • 遺伝子診断・遺伝子治療-人工的に遺伝子を操作することの倫理とは
  • 出生前診断・生殖医療-人が人工的に生命の誕生を操ることは許されるのか)
  • 第3章 社会のなかの医療(予防医療と健康-予防医療と健康志向の時代を考える
  • 感染症・院内感染-最悪の事態を想定した感染症対策の必要性
  • 震災と心のケア-長期的な対策が必要な震災後の心のケア)
  • 第4章 医療と福祉社会(少子・高齢化-少子・高齢化がもたらす新たな医療の問題
  • 高齢者介護-介護は家族が責任を負うべきか、行政が責任を負うべきか
  • 障がい者とバリアフリー-障害を「1つの個性」と考えられる社会へ
  • 差別と偏見-見えにくい差別をどのように乗り越えていくか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書くべきネタが思いつく看護医療系小論文頻出テーマ15
著作者等 中経出版
箕曲 在弘
書名ヨミ カク ベキ ネタ ガ オモイツク カンゴ イリョウケイ ショウロンブン ヒンシュツ テーマ ジュウゴ
書名別名 Kaku beki neta ga omoitsuku kango iryokei shoronbun hinshutsu tema jugo
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2013.11
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-600048-4
NCID BB15633384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22323141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想