荒ぶる波濤 : 坂本龍馬と陸奥宗光の青春

津本陽 著

明治国家の不平等条約改正に辣腕をふるった稀代の外交官・陸奥宗光は、わずか二十歳のとき、坂本龍馬に見出された。父・伊達宗広は紀州藩の要職から政変で追われ、一族脱藩の憂き目に遭う。しかし京の寓居を龍馬が訪ね、そこでの出会いが伊達小次郎(陸奥宗光)の未来を拓いた。怒涛の幕末日本を龍馬の傍らで歩みつつ、才能を開花させていくのだ。陸奥と龍馬の青春の日々を、瑞々しく描く歴史長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荒ぶる波濤 : 坂本龍馬と陸奥宗光の青春
著作者等 津本 陽
書名ヨミ アラブル ハトウ : サカモト リョウマ ト ムツ ムネミツ ノ セイシュン
書名別名 Araburu hato
シリーズ名 PHP文芸文庫 つ1-4
出版元 PHP研究所
刊行年月 2013.11
ページ数 349p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-569-67937-2
NCID BB14968558
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22323969
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想