海の文化史 : ソロモン諸島のラグーン世界

後藤明 著

人間と海との豊かなまじわり。ソロモン海マライタ島のランガランガ・ラグーンで貝貨をつくる人びとをはじめ、ハワイ、マレーシア、インドネシアなど、さまざまな地の海人たちを訪ねて描いた、環太平洋の海の文化史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 星空を映すラグーン
  • 1章 ランガランガの海と生活
  • 2章 異界への鍵としての釣針
  • 3章 銛漁から見る海人社会
  • 4章 魚名が語る海の文化史
  • 5章 海人の十字路
  • 6章 考古学と言語古代学からみた海上の道
  • 7章 海を越える土器と貝
  • 8章 ラグーンの花嫁を飾る貝貨
  • 9章 ラグーン世界の部族史と世界観
  • 10章 水底の文化史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海の文化史 : ソロモン諸島のラグーン世界
著作者等 後藤 明
書名ヨミ ウミ ノ ブンカシ
書名別名 Umi no bunkashi
シリーズ名 ニュー・フォークロア双書 25
出版元 未来社
刊行年月 1996.7
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 4624220250
NCID BN14867486
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97018459
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想