ニューギニアから石斧が消えていく日 : 人類学者の回想録

畑中幸子 編著

[目次]

  • 1 オクサップミン-西に三〇〇〇メートルを超える連峰を望む
  • 2 オクサップミンからオム川へ-探検を考える
  • 3 初めての出会い-緊張の瞬間
  • 4 オム川流域遠征-自然への挑戦
  • 5 ヒトと自然の共存-熱帯雨林に生きる
  • 6 未開社会における交易-交易の道を文明が流れる
  • 7 部族社会と開発の出会い-新しい価値観と世界観の誕生
  • 8 シシミンとの再会-新しい知識がヒトの表情をかえる
  • 9 新しい世界へ-時計が猛スピードで動き出す

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニューギニアから石斧が消えていく日 : 人類学者の回想録
著作者等 畑中 幸子
書名ヨミ ニューギニア カラ セキフ ガ キエテ イク ヒ : ジンルイ ガクシャ ノ カイソウロク
書名別名 Nyuginia kara sekifu ga kiete iku hi
出版元 明石書店
刊行年月 2013.10
ページ数 317p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-3913-9
NCID BB13991725
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22327314
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想