郷土とアジアの政治文化・国際関係 : アジアのアイデンティティを考える

山﨑功 著

[目次]

  • 第1部 現代日本とアジア主義の過去・現在(佐賀とアジア主義
  • 副島八十六とアジア
  • 日本=南方関係史
  • 田中丸善蔵(玉屋創業二代)と南洋群島進出
  • 大衆メディアにみる昭和南進と南洋・南島イメージ
  • 戦後日本の琉球(沖縄)イメージから日本(ヤマト)と南方(東南アジア)の関係を考える-日本は南の島になにを投影してきたのか)
  • 第2部 アジアの政治社会を考える(東ティモール革命の光と影
  • 東南アジアの社会原理・政治原理と日本
  • 近代における東南アジア的な「民族」と「国家」の創成
  • モール化・中間層・格差とプレマン文化
  • 東南アジアのアイデンティティとナショナリズム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 郷土とアジアの政治文化・国際関係 : アジアのアイデンティティを考える
著作者等 山崎 功
書名ヨミ キョウド ト アジア ノ セイジ ブンカ コクサイ カンケイ : アジア ノ アイデンティティ オ カンガエル
出版元 成文堂
刊行年月 2013.10
ページ数 161p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7923-3316-4
NCID BB13915793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22322993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想