アジアの都市と農村

追手門学院大学国際教養学部アジア学科 編

アジアの都市と農村をテーマに、三国志の時代から現代に至るまで、歴史学、文学、哲学、地理学、言語学と、およそ人文系の専門分野を網羅した論文集。ある地域(都市)の特定の時代を論じたもの、ある地域(都市)を通時的に論じたもの、複数の地域(都市)を比較検討したものとバラエティに富み、また、専門的な知見をできるだけ噛みくだき、わかりやすく読めるよう考慮された18本の論文を収論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 魏志倭人伝にあらわれた卑弥呼観
  • 中国と日本の国交樹立の起源-遣隋使小野妹子
  • 内藤湖南の「近世文学史論」-関西と関東の儒者
  • 「リンゴの唄」と上海の堀田善衛-「惨敗」日本と「惨勝」中国の戦後スタート
  • 「サラ」のある大阪・「サラ」のない東京
  • 長浜市菅浦と「文化的景観」
  • 石川県立図書館所蔵小倉文庫の海外神社史料について
  • 都市名称「マーマッラブラム」について
  • ブルハーンプルとアシールガル要塞
  • ムスリム軍営地と南アジアのウルドゥー語
  • テヘランの変遷
  • 都市化と幼児教育からみたベトナムの社会変化
  • 東晋初期の健康(南京)-烏衣巷
  • 孤山を論じて古楽府に及ぶ
  • 物語りの力を信じる者-宣巻と魯迅の紹興
  • 地誌としての「龍井」-『延吉県志』と『龍井県志』をめぐって
  • 「北京人」と「上海人」
  • 都市上海と日本人-いくつかの断面

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアの都市と農村
著作者等 伊原 沢周
加賀谷 寛
南出 真助
大谷 敏夫
奥田 尚
山口 公一
有吉 宏之
李 慶国
松家 裕子
楠山 修作
櫛引 祐希子
正信 公章
武田 秀夫
永吉 雅夫
田口 宏二朗
筒井 由起乃
近藤 治
追手門学院大学
追手門学院大学国際教養学部アジア学科
高橋 文治
書名ヨミ アジア ノ トシ ト ノウソン
出版元 和泉書院
刊行年月 2013.10
ページ数 316p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7576-0684-5
NCID BB13870141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22326581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想