写真と文学 = Photographie et littérature : 何がイメージの価値を決めるのか

塚本昌則 編

写真論の新地平をひらく十余篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文学の辺境-写真小説小史(幽霊を知らぬ頃-シャンフルーリ、バルザック
  • 時のゆがみ-ローデンバック、ブルトン、ゼーバルトの写真小説
  • プルーストと写真-記憶、知覚、人間関係の比喩として
  • エルヴェ・ギベールと写真
  • 写真への抵抗-フランス現代小説と写真
  • 写真の現場から 写文字の話)
  • 2 シュルレアリスムによる写真の変容(退屈だからこそ感動的な写真と出会うために-ブルトン、バルト、「ヴァナキュラー写真」
  • 革命家たちの凡庸なスナップ写真-シュルレアリスム、写真、オートマティスム
  • ピエール・モリニエ-シャーマンと自己中心主義
  • クロード・カーアンのセルフポートレート-小さい写真
  • 写真の現場から ダイヤモンド・ヘッドと水田)
  • 3 写真論からイメージ論へ(透明で不透明な像-ロダン"バルザック記念像"をめぐって
  • すでになくなっているそれを見送ること-ピエール・マッコルランと写真
  • アンリ・カルティエ=ブレッソン、アメリカ、一九四七年
  • サルトルのイマージュ論-不在の写真をめぐって
  • 『喪の日記』から『明るい部屋』へ-《温室の写真》をめぐるフィクション)
  • 跋 写真の何が変わったのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 写真と文学 = Photographie et littérature : 何がイメージの価値を決めるのか
著作者等 佐々木 悠介
倉石 信乃
内藤 真奈
坂本 浩也
塚本 昌則
星埜 守之
昼間 賢
林 道郎
桑田 光平
森元 庸介
永井 敦子
沢田 直
港 千尋
滝沢 明子
管 啓次郎
野崎 歓
鈴木 雅雄
齊藤 哲也
書名ヨミ シャシン ト ブンガク : ナニ ガ イメージ ノ カチ オ キメル ノカ
書名別名 Photographie et littérature

Shashin to bungaku
出版元 平凡社
刊行年月 2013.10
ページ数 377p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-582-23125-0
NCID BB13986907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22326586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想