民具・民俗・歴史

岩井宏實 著

民具は人と時代に寄り添って生まれては消え、かたちを変えて再生されてきた。民具研究に、新たに民俗学・歴史学の視点を加えて、常民の生活の知恵と才覚を再発見し、ものに宿る歴史と精神性を問う。常民文化研究の新視座。書き下ろし『民具学の基礎』の続編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 暮らしの原郷
  • 住まいの心象風景
  • 晴れの表象
  • 風土が生んだ履物
  • 知恵と技術の結晶
  • うるおいの成り物
  • 農の革新
  • 商いの諸相
  • 楽しみの文化
  • 祈りの象形
  • 入魂の儀礼

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民具・民俗・歴史
著作者等 岩井 宏実
岩井 宏實
書名ヨミ ミング ミンゾク レキシ : ジョウミン ノ チエ ト サイカク
書名別名 常民の知恵と才覚

Mingu minzoku rekishi
出版元 慶友社
刊行年月 2013.10
ページ数 309p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87449-248-2
NCID BB14030419
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22323916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想