竜との舞踏  2

ジョージ・R・R・マーティン 著 ; 酒井昭伸 訳

青白い太陽が昇っては沈み、また昇る。空は黒雲に覆われ、稲妻が閃き雷鳴が轟くなか、黒い手と青く光る目の死者が、丘の斜面に口をあけた裂け目のまわりをうろつく。だが、決してなかへは入れない。丘の内部では、半身不随の少年がウィアウッドの玉座につき、ささやき声に耳を傾けていた。"冷たい手"に導かれ、ついに目的地に到着したブランは、"最後の緑視者"である"三つ目の鴉"から「空の飛びかた」を学んでいたのだ。そこからさらに南へと下った、といっても酷寒の地であることに変わりはない黒の城では、スタニス王が南へと発って以来、奇妙な虚脱感が漂っていた。そんななか、総帥であるジョンは古株の黒衣の兄弟たちが考えもしなかったような施策をつぎつぎに打ち出していく。なんとしても"壁"を死守するという固い決意のもとに。一方、さらに南の白い港では、捕えられ処刑の日を待つサー・ダヴォスの前に、思いもかけぬ人物が現われ…ますます佳境に入る壮大なる異世界戦国絵巻!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 竜との舞踏
著作者等 Martin, George R. R
酒井 昭伸
マーティン ジョージ・R.R.
書名ヨミ リュウ トノ ブトウ
書名別名 A DANCE WITH DRAGONS

Ryu tono buto
シリーズ名 氷と炎の歌 5
巻冊次 2
出版元 早川書房
刊行年月 2013.10
ページ数 531p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-15-209413-1
NCID BB14315190
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22334019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想