アラブ500年史 : オスマン帝国支配から「アラブ革命」まで  下

ユージン・ローガン 著 ; 白須英子 訳

「アラブ革命」の淵源をたどる、注目の歴史大作!米ソ超大国の思惑に翻弄された冷戦時代を経て、アメリカ一極支配とグローバル化時代にいたるまでを、英国の泰斗がアラブ人の視点から丁寧に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第10章 アラブ・ナショナリズムの台頭
  • 第11章 アラブ・ナショナリズムの衰退
  • 第12章 石油の時代
  • 第13章 イスラーム勢力の台頭
  • 第14章 冷戦以後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アラブ500年史 : オスマン帝国支配から「アラブ革命」まで
著作者等 Rogan, Eugene L
白須 英子
Rogan Eugene
ローガン ユージン
書名ヨミ アラブ ゴヒャクネンシ : オスマン テイコク シハイ カラ アラブ カクメイ マデ
書名別名 The Arabs
巻冊次
出版元 白水社
刊行年月 2013.11
ページ数 375,34p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08329-1
NCID BB13896804
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22320479
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想