ミッキーはなぜ口笛を吹くのか : アニメーションの表現史

細馬宏通 著

1906年、世界初のアニメーション映画で黒板に絵が描かれるのはなぜか。ポパイの歩行、ベティ・ブープの大きな口、『トムとジェリー』の音楽の魅力とは?アメリカン・アニメーションの傑作の数々を精密に読み解きながら、ウィンザー・マッケイ、ウォルト・ディズニー、フライシャー兄弟など、巨匠たちの表現技法の謎に迫る画期的論考。図版多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アニメーションとヴォードヴィル
  • 『リトル・ニモ』-ウィンザー・マッケイの王国(一)
  • 『恐竜ガーティー』-ウィンザー・マッケイの王国(二)
  • 商業アニメーションの時代
  • 科学とファンタジーの融合-フライシャー兄弟
  • 映像に音をつける
  • ミッキーはなぜ口笛を吹くのか
  • ベティ・ブープはよく歌う-フライシャー兄弟の復活
  • トムとジェリーと音楽と-スコット・ブラッドリーの作曲術
  • ダフィー・ダックに嘴を
  • ダフィー・ダックに嘴を
  • アニメーション界と現実界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミッキーはなぜ口笛を吹くのか : アニメーションの表現史
著作者等 細馬 宏通
書名ヨミ ミッキー ワ ナゼ クチブエ オ フク ノカ : アニメーション ノ ヒョウゲンシ
書名別名 Mikki wa naze kuchibue o fuku noka
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2013.10
ページ数 358p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603735-1
NCID BB13813738
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22320832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想