原子力発電の政治経済学

伊東光晴 著

脱原発をめざすべきか、電力事業の発送電分離は妥当か、新エネルギーの可能性は…。福島第一原発の事故を契機に提起された種々の論点について、経済学の知見と電気事業審議会など現実の公共政策に携わってきた経験を踏まえて整理、分析。問題の真の所在はどこにあるのかを示して、その解決法を論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済学からみた原子力発電
  • 第2章 原子力発電推進科学者への不信
  • 第3章 電力事業は公益事業であり公益性が守られなければならない
  • 第4章 原子力発電事業について
  • 第5章 発電コストにおける埋没費用と外部費用
  • 第6章 21世紀の日本の電力エネルギーを支えるもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子力発電の政治経済学
著作者等 伊東 光晴
書名ヨミ ゲンシリョク ハツデン ノ セイジ ケイザイガク
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.10
ページ数 174p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-022795-7
NCID BB13805547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22326774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想