春秋時代の貴族政治と戦乱

宇都木章 著

本書は、宇津木章氏の第三遺稿書である。著者は周代から春秋戦国時代に至る『左伝』をはじめとする古典の考証、後には同時期の出土文字資料に取り組んで来た。本書は、春秋時代を「諸国の勃興」、「覇者の出現」、「貴族政治」、「崩壊」の四期に分け、『左伝』の主な戦争・内乱に関する記事を取り上げ、諸侯政治から貴族政治への大局的な流れを通史的に叙述する。また、『春秋』にみえる魯の「邑に城く」ことについての考証論文を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 春秋諸国の勃興(時代の流れ
  • 共叔段の乱 ほか)
  • 第2章 覇者の出現(時代の流れ
  • 召陵の盟 ほか)
  • 第3章 春秋の貴族政治(時代の流れ
  • 趙盾の擅権 ほか)
  • 第4章 春秋時代の崩壊(時代の流れ
  • 華・向氏の乱 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 春秋時代の貴族政治と戦乱
著作者等 宇都木 章
書名ヨミ シュンジュウ ジダイ ノ キゾク セイジ ト センラン
シリーズ名 宇都木章著作集 第3巻
歴史学叢書 第3巻
出版元 比較文化研究所
刊行年月 2013.9
ページ数 354p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-902292-05-3
NCID BB14401598
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22318569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想