糖尿病とウジ虫治療 : マゴットセラピーとは何か

岡田匡 著

四〇代以上は三人に一人が糖尿病になる時代。自覚症状がないまま進行し、気づいた時には足の潰瘍・壊疽により、下肢切断を余儀なくされる人も少なくない。いま切断せずに画期的に潰瘍を治癒する方法がある。なんとハエのウジ虫を使う。それはいったいどんな治療なのか。なぜハエなのか。驚きの治療の実際としくみを解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ウジ虫が私たちの傷を治す
  • 2 発見と道のり
  • 3 日本の先駆者
  • 4 昆虫のなかで最も進化したハエ
  • 5 現在のマゴットセラピー
  • 6 なぜ傷が治るのか
  • 7 共に生きる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 糖尿病とウジ虫治療 : マゴットセラピーとは何か
著作者等 岡田 匡
書名ヨミ トウニョウビョウ ト ウジムシ チリョウ : マゴット セラピー トワ ナニカ
書名別名 Tonyobyo to ujimushi chiryo
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 217
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.10
ページ数 118,5p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029617-5
NCID BB13647377
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22326788
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想