環日本海国際政治経済論

猪口孝, 袴田茂樹, 鈴木隆, 浅羽祐樹 編著

環日本海諸国ではいかなる力学が働いているのか。お互いに強い不信感を抱きながらも、事実上世界一の巨大な経済的結合体制を構築している、日本、中国、ロシア、そして朝鮮半島の、政治、経済、文化とは。本書では、それぞれの統治運営の要諦、経済戦略の仕組みを記述し、さらに歴史的文化的な背景が浮かび上がるように、近年の出来事、人物を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 環日本海の国際政治経済
  • 第1部 政治展開から見る環日本海(日本の政治運営-揺れてはすぐに戻す有権者
  • 中国の政治運営-二〇二〇年に向けた課題
  • 韓国の政治運営-自由民主主義体制の定着と日韓関係の変容 ほか)
  • 第2部 経済力学から見る環日本海(日本の経済発展-デフレ円高の構造
  • 中国の経済発展-高度成長とその持続可能性
  • 韓国の経済発展-冷戦後の危機と発展 ほか)
  • 第3部 歴史文化的背景から見る環日本海(日本政治の「中国化」-揺らぐ議会制民主主義
  • 中国の「現代化」-躍進は限界に来ているか
  • 北朝鮮の王朝社会主義-国際関係からの視点 ほか)
  • 環日本海国際政治経済の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環日本海国際政治経済論
著作者等 浅羽 祐樹
猪口 孝
袴田 茂樹
鈴木 隆
書名ヨミ カンニホンカイ コクサイ セイジ ケイザイロン
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.10
ページ数 308,6p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-06657-5
NCID BB13601503
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22313429
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想