初級講座弦理論  基礎編

B.ツヴィーバッハ 著 ; 樺沢宇紀 訳

MITの学部学生向けの講義から生まれた教育的な弦理論の教科書。"基礎編"では相対論的な開弦および閉弦の基本的な量子化までを丁寧に解説する。まず特殊相対論と光錐座標系、高次元時空、余剰次元のコンパクト化などの背景概念を導入し、非相対論的な弦の力学を復習する。そして相対論的な点粒子や弦の古典論を論じ、それらに対して光錐量子化を施して、Lorentz不変性の要請から弦理論の臨界次元が決まることや、弦の量子状態として光子や重力子が現れることなどを見る。最終章では超対称性を導入した超弦理論の考え方を簡潔に紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 緒論
  • 特殊相対性理論・光錐座標系・余剰次元
  • 様々な次元における電磁気学と重力
  • 非相対論的な弦
  • 相対論的な点粒子
  • 相対論的な弦
  • 弦のパラメーター付けと古典的な運動
  • 世界面カレントと保存量
  • 相対論的な光錐弦
  • 各種の光錐場とボゾン
  • 点粒子の光錐量子化
  • 相対論的な量子開弦
  • 相対論的な量子閉弦
  • 超弦理論入門

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 初級講座弦理論
著作者等 Zwiebach, Barton
樺沢 宇紀
ツヴィーバッハ B.
書名ヨミ ショキュウ コウザ ゲンリロン
書名別名 A First Course in String Theory

Shokyu koza genriron
巻冊次 基礎編
出版元 丸善プラネット : 丸善出版
刊行年月 2013.9
ページ数 326p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86345-177-3
NCID BB13582759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22309168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想