初級講座弦理論  発展編

B.ツヴィーバッハ 著 ; 樺沢宇紀 訳

MITの学部学生向けの講義から生まれた教育的な弦理論の教科書。"発展編"では、"基礎編"で詳述した量子弦の基礎概念を背景に置いて、弦理論の多様な発展的側面を概観する。D‐ブレインと開弦を利用したYang‐Mills場の構築や、弦のKalb‐Ramondチャージ、T双対性の概念について説明し、D‐ブレインの電磁場を考察する。更に、弦理論を利用した素粒子モデルやブラックホールの統計力学、AdS/CFT対応などの応用的な話題を紹介する。共変な量子化についても簡単に言及し、最後の部分では弦のダイヤグラムを用いて弦の相互作用やループ振幅を論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • D‐ブレインとゲージ場
  • 弦のチャージと電荷
  • 閉弦のT双対性
  • 開弦およびD‐ブレインのT双対性
  • 電磁場を持つD‐ブレインとT双対性
  • Born‐Infeld理論とD‐ブレインの電磁場
  • 弦理論と素粒子物理
  • 弦の熱力学とブラックホール
  • 強い相互作用とAdS/CFT対応
  • 弦の共変な量子化
  • 弦の基本的な相互作用とRiemann面
  • 弦のダイヤグラムの構造とループ振幅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 初級講座弦理論
著作者等 Zwiebach, Barton
樺沢 宇紀
ツヴィーバッハ B.
書名ヨミ ショキュウ コウザ ゲンリロン
書名別名 A First Course in String Theory

Shokyu koza genriron
巻冊次 発展編
出版元 丸善プラネット : 丸善出版
刊行年月 2013.9
ページ数 p328~676
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86345-178-0
NCID BB13582759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22309169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想