クロとシロの囲い屋敷

寺川智人 著

『平成24年8月12日までに、芦屋家長男・犀一郎とその妻沙希、次男・犒次、長女・犁、三男・牽三、横浜在住の作家・竜崎緑、外神田の便利屋・迎玄人と素人を我が屋敷に招集せよ。数多の血と屍の中で沙希が新たな命を産み落とせし時、真の遺産が明らかになる-』稀代の相場師、芦屋済が死んだ。昭和58年に書かれた彼の遺言書には、なぜか当時生まれてもいない作家・竜崎緑の名が…。予言めいた遺言書に導かれ、緑は屋敷がある孤島、古銭島へと赴く。島には芦屋一族の棲む奇怪な造りの蔵と屋敷があった。そして始まる陰惨な連続殺人事件…究極の孤島館モノミステリ!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クロとシロの囲い屋敷
著作者等 寺川 智人
書名ヨミ クロ ト シロ ノ カコイヤシキ
シリーズ名 タソガレ文庫 TS-05
出版元 竹書房
刊行年月 2013.10
ページ数 319p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8124-9661-9
全国書誌番号
22304694
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想