ロンドン : 地主と都市デザイン

鈴木博之 著

ロンドンは広大な土地を持つ地主たちにより、エステートごとに開発されてきた。公園やストリートの名前からは地主や開発に携わった人物が読み取れる。彼らはまとまった土地を全体として有効に活用する町づくりができる立場なのだ。ロンドンを散策しながらエステートと建築の由来を追い、特異な発展を遂げてきた巨大都市の形成史を知る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ロンドンをよこに歩く
  • 2 ロンドンをたてに歩く
  • 3 クラブの世界
  • 4 町のなりたち
  • 5 ジョージアンからヴィクトリアンへ
  • 6 ロンドンの消滅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロンドン : 地主と都市デザイン
著作者等 鈴木 博之
書名ヨミ ロンドン
書名別名 Rondon
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1996.1
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4480056572
NCID BN13734137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97013684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想