仏教-言葉の思想史

末木文美士 著

仏教思想は日本文化の中核をなしつつ、なおかつ他者として在るという二義性を持つ。この観点から著者は日本仏教で重視される用語や概念をインド・中国にさかのぼって精細に検証、受容と変遷の様態を明らかにすることによって翻訳文化としての仏教思想の核心を衝き、仏教が文化と社会を批判する原理となりうることを鋭く説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 仏教翻訳文化論
  • 第1章 因果応報
  • 第2章 一乗
  • 第3章 一念
  • 第4章 自然
  • 第5章 即非
  • 第6章 即心是仏
  • 第7章 仏性
  • 結章 アジアの中の日本仏教

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仏教-言葉の思想史
著作者等 末木 文美士
書名ヨミ ブッキョウ コトバ ノ シソウシ
書名別名 Bukkyo kotoba no shisoshi
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.7
ページ数 301, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4000028634
NCID BN1466562X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97013633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想