ミケランジェロ

木下長宏 著

ダヴィデ、システィーナ礼拝堂天井画、「最後の審判」などで知られるルネサンスの巨匠ミケランジェロ。彫刻や絵画のみならず、建築、素描、詩篇にいたる超人的な芸術活動の核心には何があるのか。八九年に及ぶ波瀾の生涯をたどりつつ、代表的な作品を精緻に読み解き、そこに秘められたメッセージを解明していく。レオナルドの対極に位置する「混沌」を生きる芸術家として再発見し、ミケランジェロ像を刷新する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ミケランジェロとレオナルド
  • 第1章 若い日の情熱-「ピエタ」と「ダヴィデ」
  • 第2章 権力に抗して-「天地創造」
  • 第3章 芸術思想の核心-ユリウス二世墓廟とメディチ礼拝堂、そして未完の彫像群
  • 第4章 終末への問い-「最後の審判」
  • 第5章 建築への意思-フィレンツェとローマ
  • 第6章 詩人の素顔-ソネットと素描
  • 第7章 最後の「ピエタ」へ
  • 終章 「混沌」を生きようとした芸術家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミケランジェロ
著作者等 木下 長宏
書名ヨミ ミケランジェロ
シリーズ名 中公新書 2232
出版元 中央公論新社
刊行年月 2013.9
ページ数 267p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102232-5
NCID BB13481842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22318250
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想