白土三平論

四方田犬彦 著

自然を前にした人間の卑小さを語り、階級闘争を鼓舞、古代神話を説いて博物史に到る。慢画家白土三平の本質とは何か。幼少時から白土作品に深く魅了されてきた著者による体系的研究の書。出自、貸本漫画時代、蜂起の哲学を描いた『忍者武芸帳』、階級差別を問う『カムイ伝』、そして食物誌まで、巨匠の全体像に迫る。漫画図版多数。文庫化に当たり、後日談「白土三平先生との一夜」を加筆。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 漫画家になるまで
  • 2 初期の貸本漫画
  • 3 『忍者武芸帳』
  • 4 六〇年代前半の長編
  • 5 六〇年代前半の短編
  • 6 『カムイ伝』
  • 7 『神話伝説』と『女星』
  • 8 カムイのその後
  • 9 白土三平の食物誌
  • 10 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白土三平論
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ シラト サンペイロン
書名別名 Shirato sanpeiron
シリーズ名 ちくま文庫 よ28-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.9
ページ数 509p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43099-1
NCID BB13445838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22311811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想