ベルクソン哲学の遺言

前田英樹 著

アンリ・ベルクソン(一八五九‐一九四一年)は、一九三七年二月八日に記した遺言状で「公衆に読んでもらいたいものすべてを刊行した」と断言し、生前刊行した七冊の著書以外の死後出版を厳に禁じた。この言葉を正面から受けとめるため、処女作『意識の直接与件に関する試論』(一八八九年)から『道徳と宗教の二源泉』(一九三二年)に至る哲学者の歩みが丹念に追跡され、その軌跡から遺言状に込められた意味が浮かび上がる-長らく待望された、著者初の本格的モノグラフ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 遺言状
  • 第2章 ほんとうの障碍物に出会う
  • 第3章 砂糖が溶ける時間
  • 第4章 直観が「正確」であること
  • 第5章 「記憶」についての考え方
  • 第6章 「器官」についての考え方
  • 第7章 持続が目指すところ
  • 第8章 哲学の目的

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベルクソン哲学の遺言
著作者等 前田 英樹
書名ヨミ ベルクソン テツガク ノ ユイゴン
シリーズ名 岩波現代全書 010
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.8
ページ数 245p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029110-1
NCID BB13291483
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22301466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想