能の見方

松岡心平 [著]

文学・音楽・舞台・装束・面・古文書など、能は一生かかっても極め尽くせない分野が総合された巨大な文化装置である。能研究の第一人者が、「翁」「井筒」「道成寺」など、名作25曲の鑑賞のポイントと楽しみ方を解説。作品の背景を知り、想像力を研ぎすまして、舞台上に繰り広げられる静と動、明と暗、喜びと悲しみを感じとる。世阿弥の時代から現代に届けられるメッセージを読み解く、能がますます楽しくなる能楽鑑賞入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 歴史-能のあゆみ(俊頼と芸能-中世芸能の源流
  • 中世芸能の始発
  • 唱導劇の時代 ほか)
  • 第2部 作品-能のこころ(能は幽玄である
  • 翁 翁から能へ
  • 重衡または心の修羅劇 ほか)
  • 第3部 鑑賞-能の鼓動(狂と毒と修羅の世界-重衡
  • 式子内親王の妄想-定家
  • 放射する"殺気"-明智討 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 能の見方
著作者等 松岡 心平
書名ヨミ ノウ ノ ミカタ
書名別名 No no mikata
シリーズ名 角川ソフィア文庫 SP F-103-1
出版元 Kadokawa
角川学芸
刊行年月 2013.8
版表示 初版
ページ数 253p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-408004-4
NCID BB1334911X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22298588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想