日本の法を考える

利谷信義 著

名著の復刊。現代に至る法の系譜を解明し、法制度と市民生活のありようを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本の法の歩み(近代日本の法と法学
  • 戦後法社会学の歩み)
  • 2 法律家と国民(日本社会と弁護士-弁護士自治を中心として
  • 市民生活と司法書士-綱紀問題を中心として
  • 司法に対する国民の参加)
  • 3 日本人の法意識(ことばと法律
  • 日本人の法意識)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の法を考える
著作者等 利谷 信義
書名ヨミ ニホン ノ ホウ オ カンガエル
シリーズ名 UPコレクション
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2013.8
版表示 新装版.
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-13-006503-0
NCID BB1334776X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22338189
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想