明治維新の遺産

テツオ・ナジタ [著] ; 坂野潤治 訳

幕末、明治、昭和、そして…。近代以降の日本の歴史はひとつの対立軸を中心にかたちづくられてきた。本書は徳川官僚制とそのイデオロギー的基盤から説き起こし、明治維新、昭和維新、そして敗戦後まで「官僚的合理主義」と「維新主義」の相剋として描き出す。現れては消える"維新"はわれわれに何をもたらすのか?歴史解釈は未来を見据える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代日本への一視座
  • 第2章 徳川官僚制の遺産
  • 第3章 徳川末期の「維新主義」
  • 第4章 明治の模索-立憲制とイデオロギー的確実性を求めて
  • 第5章 二十世紀初期の政治的変化と抵抗
  • 第6章 二つの維新と現代日本の可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治維新の遺産
著作者等 Najita, Tetsuo
坂野 潤治
奈地田 哲夫
ナジタ テツオ
書名ヨミ メイジ イシン ノ イサン
書名別名 JAPAN
シリーズ名 講談社学術文庫 2186
出版元 講談社
刊行年月 2013.8
ページ数 261p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292186-2
NCID BB13183709
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22291813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想