荘子  外篇

荘子 著 ; 福永光司, 興膳宏 訳

「内篇」で展開された荘子思想のエッセンスを、会話形式による寓話や箴言の形にまとめた「外篇」。老子や孔子、列子など、中国の賢人たちによる精神の自由についてのハイレベルな会話も、福永・興膳両碩学によるテンポのよい訳で、楽しみながら理解することができる。「外篇」は荘子の思想が中国文化に与えた影響を知る上でも重要であり、たとえば"真の絵描き像"を論じた「田子方篇七」は美術史家によく引用され、「天運篇三」の"咸池の音楽問答"は、中国が生んだユニークな音楽論として知られる。「ひそみにならう」等、故事の由来がわかる話も多く、どこから読んでも楽しめる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 駢拇篇第八
  • 馬蹄篇第九
  • 〓(きょ)篋篇第十
  • 在宥篇第十一
  • 天地篇第十二
  • 天道篇第十三
  • 天運篇第十四
  • 刻意篇第十五
  • 繕性篇第十六
  • 秋水篇第十七
  • 至楽篇第十九
  • 山木篇第二十
  • 田子方篇第二十一
  • 知北遊篇第二十二

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荘子
著作者等 福永 光司
興膳 宏
荘子
書名ヨミ ソウジ
シリーズ名 荘子 (経典) ソ4-2
ちくま学芸文庫 ソ4-2
巻冊次 外篇
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.8
ページ数 670p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09541-1
NCID BB12949676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22311425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想