八代目坂東三津五郎

田口章子 著

八代目坂東三津五郎(一九〇六〜一九七五)歌舞伎役者。江戸歌舞伎の正統を伝えることを信条とし、敵役・老役として定評を得る一方、後進の育成に努め、また、文筆家としても知られた八代目坂東三津五郎。その生涯、芸、伝承へのこだわり、多彩な人間関係をたどり、不当なまでに忘れ去られてきた稀代の役者の姿を浮かび上がらせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 八代目坂東三津五郎の生涯(生い立ち
  • 修業時代 ほか)
  • 第2章 八代目坂東三津五郎への道(八代目を創った人-七代目三津五郎
  • 市村座系歌舞伎 ほか)
  • 第3章 八代目坂東三津五郎の芸(芸は人なり
  • 三津五郎の学問)
  • 第4章 芸の系譜-江戸歌舞伎の正統として(芝翫型
  • 団十郎型 ほか)
  • 第5章 交遊録(洋画家・岸田劉生
  • 茶人・井口海仙 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 八代目坂東三津五郎
著作者等 田口 章子
書名ヨミ ハチダイメ バンドウ ミツゴロウ : クウゼン ゼツゴ ノ ヒト
書名別名 空前絶後の人

Hachidaime bando mitsugoro
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.8
ページ数 297,8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06696-4
NCID BB13115243
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22286960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想