バルカンの亡霊たち

ロバート・D.カプラン 著 ; 宮島直機, 門田美鈴 共訳

置き去りにされた民族の声。クロアチア、セルビア、ルーマニア、ブルガリア…。ユダヤ系アメリカ人ジャーナリストの鋭い視線がとらえた人びとの屈折した心情と、その背後にひそむ歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 聖人、テロリスト、血、聖水
  • 第1部 ユーゴスラビア-バルカン史への序曲
  • 第2部 ルーマニア-ラテン民族の受難劇
  • 第3部 ブルガリア-共産党とビザンチン帝国の伝統
  • 第4部 ギリシャ-西洋の愛人にして東洋の花嫁
  • エピローグ アドリアノープルへの道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バルカンの亡霊たち
著作者等 Kaplan, Robert D.
宮島 直機
門田 美鈴
カプラン ロバート・D.
書名ヨミ バルカン ノ ボウレイタチ
書名別名 Balkan ghosts

Barukan no boreitachi
シリーズ名 気球の本 Around the world library
出版元 NTT
刊行年月 1996.7
ページ数 423p
大きさ 19cm
ISBN 4871886247
NCID BN14922245
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97005729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想