中小企業論 : 市場経済の活力と革新の担い手を考える

清成忠男 ほか著

大企業に支配され、非効率・停滞的で、経営としては不安定という中小企業の固定的イメージから研究を解き放ち、市場経済を支える最も活力ある経済主体として中小企業を捉え、産業組織・経営戦略・産業政策などの角度から理論と実証の基礎を提示する最新のテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中小企業の学習の枠組み
  • 第2章 中小企業と大企業
  • 第3章 環境変化と中小企業
  • 第4章 中小企業の経営戦略
  • 第5章 中小企業問題と中小企業政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中小企業論 : 市場経済の活力と革新の担い手を考える
著作者等 清成 忠男
港 徹雄
田中 利見
書名ヨミ チュウショウ キギョウ ロン
書名別名 Chusho kigyo ron
シリーズ名 Y21
出版元 有斐閣
刊行年月 1996.6
ページ数 277p
大きさ 22cm
ISBN 4641067759
NCID BN14590440
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97004443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想