オデュッセウスの帰還

四方田犬彦 著

海外の文学芸術をめぐるエッセイ集。「世界」への知的領域をひろげよ。もしも回帰という出来事が成立するなら、同一なるものの繰り返しであってはならない。いかなる場所にも異なるもの、姿を変えたものの再来でなければならない。-われわれはそして今、「どこへ」帰るべきなのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • オデュッセウスの帰還
  • 訣別と回帰
  • 世界一巨大な手紙
  • 回帰と梱包
  • カントルに倣いて
  • ルキアノス
  • 知識としてのキリスト教
  • 巨大な物語の誘惑
  • 新しい叙事詩の時代
  • シャリアからサルヨへ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オデュッセウスの帰還
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ オデュッセウス ノ キカン
出版元 自由国民社
刊行年月 1996.7
ページ数 388p
大きさ 20cm
ISBN 4426679001
NCID BN14746801
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97001175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想