黒の組曲 : <虚の四重奏>殺人事件

深谷忠記 著

椚芽ぐみの手元に、小説スタイルで書かれた父の手記ノートが二冊と、父の友人・君沢昌三の小説『静寂の秘密』が遺された。そこには、叔父・久米英明の不審な死と、伯父・陽一郎の自殺の真相に迫るカギが秘められていた。あたかも交響曲を奏でるごとくに楽章の進むにつれ、二つの死を包む謎のベールが剥がされていく。読者を魅了する本格推理長篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黒の組曲 : <虚の四重奏>殺人事件
著作者等 深谷 忠記
書名ヨミ クロ ノ クミキョク
書名別名 Kuro no kumikyoku
シリーズ名 双葉文庫
出版元 双葉社
刊行年月 1996.3
ページ数 425p
大きさ 15cm
ISBN 4575505560
全国書誌番号
96075155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想