子ども部屋 : 心なごむ場所の誕生と風景

インゲボルク・ヴェーバー=ケラーマン 著 ; 田尻三千夫 訳

十八世紀に入り、子どもはやっと独自の場所を得、そこで豊かな想像力を育んできた。家族史の第一人者が、ケストナー等の回想や多数の図版(カラー含)をまじえながら、子ども部屋の歴史と意義を、楽しく易しく解説する。情感あふれる子どもに育ってほしいと願う、全ての両親に読んで頂きたい一冊です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心なごむ懐かしい場所
  • 文化史的側面
  • 男の子の部屋、女の子の部屋
  • 子ども部屋の諸機能
  • 子ども部屋がない家庭
  • 「わたしの部屋は何よりも大事」-現代の子ども部屋

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子ども部屋 : 心なごむ場所の誕生と風景
著作者等 Weber-Kellermann, Ingeborg
田尻 三千夫
Weber‐Kellerman Ingeborg
ヴェーバー=ケラーマン インゲボルク
書名ヨミ コドモベヤ
書名別名 Die Kinderstube

Kodomobeya
出版元 白水社
刊行年月 1996.6
ページ数 151, 5p
大きさ 19cm
ISBN 4560040583
NCID BN14543983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96074689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想