教育改革論

加藤寛 著

本書は、慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の創設によって大学改革の先鞭を切った筆者による大胆な教育改革論である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 誰が学校教育を荒廃させたか(ソフトパワーの時代
  • 「いじめ」はなくせる
  • 「偏差値入試」をやめよ)
  • 第2部 新しい教育は新しい革袋に-新幹線型大学改革(座して大学に明日はない
  • 日本に創造的教育はあるか
  • 学生は「未来からの留学生」)
  • 第3部 古きをたづねて新しきを知る-在来線型大学改革(在来線は新幹線を活用できる
  • 在来大学はすぐれた資源をもっている)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育改革論
著作者等 加藤 寛
書名ヨミ キョウイク カイカク ロン
書名別名 Kyoiku kaikaku ron
シリーズ名 丸善ライブラリー 200
出版元 丸善
刊行年月 1996.6
ページ数 201p
大きさ 18cm
ISBN 4621052004
NCID BN14534891
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96074645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想