海に生きる

秋道智彌 著

いのちのつながりを求めて、南太平洋、東南アジア、日本など、世界の海を旅してきたフィールドワーカーが、海に生きる人たちの視点で海と人間のかかわりを問いなおし、きらめく未来へ舵を切る。北はベーリング海峡から南太平洋、北海から地中海、そしてインド洋で活動してきた人びとを視野においている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 海の復興論-三陸の海から
  • 第2章 海の生態系論-南と北の海から
  • 第3章 海の食文化論-食の未来へ
  • 第4章 海のエスノ・ネットワーク論-つながりのなかで
  • 第5章 海のコモンズ論-海は誰のものか
  • 第6章 海の未来論-これからの海と人間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海に生きる
著作者等 秋道 智弥
書名ヨミ ウミ ニ イキル : カイジン ノ ミンゾクガク
書名別名 Living with the Ocean

Living with the Ocean : 海人の民族学

Umi ni ikiru
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2013.7
ページ数 251,30p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-13-063337-6
NCID BB13120130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22299217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想