荒木村重

黒部亨 著

「わしは心底、酷薄な人間なのかもしれぬ。しかし、生きてあればこそ人。何といわれようとも、まだ死ぬわけにはいかぬ」。村重は強く自分にいい聞かせた。旧主池田勝正の追放、第二の主君織田信長への反逆、そして逃亡…利休七哲の一人に挙げられる一級の文化人でありながら、卑怯な行動をとった村重の真意とは何か。戦国の非情に翻弄されつつも、己れの人間らしさを全うした武将の生涯。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荒木村重
著作者等 黒部 亨
書名ヨミ アラキ ムラシゲ
書名別名 命惜しゅうて候
シリーズ名 PHP文庫
出版元 PHP研究所
刊行年月 1996.6
ページ数 501p
大きさ 15cm
ISBN 4569569048
全国書誌番号
96073935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想