オーソン・ウェルズ : その半生を語る

オーソン・ウェルズ, ピーター・ボグダノヴィッチ 著 ; ジョナサン・ローゼンバウム 編 ; 河原畑寧 訳

20世紀最大のストーリー・テラーが語った創作の秘密。映画史にその名を轟かす『市民ケーン』や、『黒い罠-完全版』『オセロ』の日本公開により、近年ますます評価が高まっているオーソン・ウェルズ。本書は映画監督、舞台演出家、俳優、ナレーター、そして魔術師…とさまざまな顔を持つウェルズの魅力を、『ラスト・ショー』のピーター・ボグダノヴィッチ監督が、あますところなく引き出したロング・インタビュー集。ウェルズのキャリアを詳細な記載した年譜、『偉大なるアンバーソン家の人々』幻の完全版シナリオも収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ローマ
  • 第2章 グアイマス
  • 第3章 ニューヨーク
  • 第4章 ヴァンナイス
  • 第5章 ベヴァリーヒルズ
  • 第6章 ハリウッド
  • 第7章 パリ
  • 第8章 ケアフリー
  • 第9章 ウェルズ年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オーソン・ウェルズ : その半生を語る
著作者等 Bogdanovich, Peter
Rosenbaum, Jonathan
Welles, Orson
河原畑 寧
ボグダノヴィッチ ピーター
ローゼンバウム ジョナサン
ウェルズ オーソン
書名ヨミ オーソン ウェルズ
書名別名 This is Orson welles

Oson ueruzu
出版元 キネマ旬報社
刊行年月 1995.8
ページ数 535, 22p
大きさ 21cm
ISBN 4873761352
NCID BN13146412
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96073864
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想