クコツキイの症例  下

リュドミラ・ウリツカヤ 著 ; 日下部陽介 訳

社会主義国家ソ連のアングラ社会に足を踏み入れたターニャはジャズ・ミュージシャンと人生の喜びを見いだしていく。孤独なエレーナは徐々に精神に異常をきたしていき、パーヴェルはもはや家族とのつながりを取り戻すことができそうにない。ばらばらになった家族を娘のターニャはもう一度ひとつに織り合わせることはできるのか…。若者文化が非公式の世界で活気にあふれていたスターリン死後の社会のなかで、生と死の問題がひとつの結末を迎える。ロシア・ブッカー賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クコツキイの症例
著作者等 Ulitskaia, Liudmila
Ulit︠s︡kai︠a︡, Li︠u︡dmila
日下部 陽介
ウリツカヤ リュドミラ
書名ヨミ クコツキイ ノ ショウレイ : アル イシ ノ カゾク ノ モノガタリ
書名別名 КАЗУС КУКОЦКОГО

ある医師の家族の物語

Kukotsuki no shorei
シリーズ名 群像社ライブラリー 31
巻冊次
出版元 群像社
刊行年月 2013.7
ページ数 231p
大きさ 17cm
ISBN 978-4-903619-43-9
NCID BB13033036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22273625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想