力動指向的芸術療法

マーガレット・ナウムブルグ 著 ; 内藤あかね 訳

原著者ナウムブルグ女史は、それまでの精神分裂病の表現病理に焦点づけられた理論や創造性を軽視した作業療法的な方法ではなく、精神分析的理解に基づく今日的芸術療法の創始者として、あるいは「なぐりがき法(scribble technique)」の提唱者としてしられる。本書には芸術療法の啓発的な総論に続いて、「なぐりがき法」をも含め、長期にわたって芸術療法によって治療された3例の詳細な事例報告が、多数のカラーを含む描画とともに提示されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 芸術療法-潰瘍患者の画家の治療の場合
  • 2 アルコール中毒患者のイメージと幻覚
  • 3 うつ病女性の治療における芸術療法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 力動指向的芸術療法
著作者等 Naumburg, Margaret
中井 久夫
内藤 あかね
ナウムブルグ マーガレット
書名ヨミ リキドウ シコウテキ ゲイジュツ リョウホウ
書名別名 Dynamically oriented art therapy
出版元 金剛
刊行年月 1995.10
ページ数 244p
大きさ 22cm
ISBN 4772404902
NCID BN13378360
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96073559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想