荘子  内篇

荘子 [著] ; 福永光司, 興膳宏 訳

現代人の疲れた心に沁みわたる、古代中国が生んだ最高の解説の哲学。人間の醜さ、愚かさ、社会の息苦しさから自由になりたいと願った荘子は、彼一流の人を喰った諧謔を武器に、世俗的な価値観一切をちゃかし、切り捨てていく。しかし、常識の世界と決別しただけでは絶体的な精神の自由を手にすることはできない。すべての苦脳は己の物差しでものごとを捉えることからはじまると考えた荘子は、自我を放棄し、大自然と合一する道を究めていく。「内篇」「外篇」「雑篇」全三篇のうち、荘子の思想をもっともよく伝えるとされるのが本巻の「内篇」。碩学二人の手による『荘子』訳注の決定版!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 逍遙遊篇第一
  • 斉物論篇第二
  • 養生主篇第三
  • 人間世篇第四
  • 徳充符篇第五
  • 大宗師篇第六
  • 応帝王篇第七

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荘子
著作者等 福永 光司
興膳 宏
荘子
書名ヨミ ソウジ
シリーズ名 荘子 (経典) ソ4-1
ちくま学芸文庫 ソ4-1
巻冊次 内篇
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.7
ページ数 344p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09540-4
NCID BB12949676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22303971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想