ここまでわかったPM2.5本当の恐怖 : 謎の物質を科学する

井上浩義 著

最近、人々の関心を呼ぶPM2.5。目に見えず、臭いもせず、存在に気づかないが、いったん体内に入ると、じわじわと細胞や器官を蝕んでいく。乳幼児や高齢者、あるいは呼吸器や循環器に疾患のある人はもちろん健常者でさえ注意を要する。長年、PM2.5の人体への影響を研究してきた著者が謎の物体の正体と危険性を警告する!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 なぜいま「PM2.5」が騒がれているのか(そもそもPM2.5とは何のこと?
  • これまでの大気汚染とは何が、どう違うのか ほか)
  • 2章 「PM2.5」にはどんな特徴があるのか(目に見えないほど小さいのに何が問題なの?
  • 小さいからこそ人を傷つけるとはどういうこと? ほか)
  • 3章 「PM2.5」の何が問題なのか(PM2.5は人の健康に害を及ぼすの?どんな病気を引き起こすの?
  • PM2.5はどこから、どれくらい身体に入ってくるの? ほか)
  • 4章 「PM2.5」の脅威からどうやって身を守るか(実は家庭内でもPM2.5は発生している
  • 手洗い、うがいで効果はあるの? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ここまでわかったPM2.5本当の恐怖 : 謎の物質を科学する
著作者等 井上 浩義
書名ヨミ ココマデ ワカッタ ピーエム ニテンゴ ホントウ ノ キョウフ : ナゾ ノ ブッシツ オ カガク スル
書名別名 Kokomade wakatta piemu nitengo honto no kyofu
出版元 アーク
刊行年月 2013.7
ページ数 173p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86059-128-1
NCID BB13246219
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22275841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想